池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

Source:BIGLOBE Beauty Time:October 26, 2023
この秋も注目の映画が目白押しですが、そのなかでも豪華キャストが集結していることで話題となっているのは、石井裕也監督の最新作『愛にイナズマ』。そこで、見どころについてこちらの方々にお話をうかがってきました。

池松壮亮さん & 若葉竜也さん

池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

【映画、ときどき私】 vol. 608


映画監督という夢をデビュー目前で奪われた女性が、10年近く音信不通の家族とともに繰り広げる反撃の物語を描いた本作。主人公の兄で長男の誠一を池松さん、次男の雄二を若葉さんが演じています。今回は、初共演で感じたお互いへの思いや現場での忘れられない出来事、そして自身にイナズマが走った瞬間などについて語っていただきました。


―まずは、おふたりが兄弟役として決まったときのお気持ちを教えてください。


池松さん この役が若葉くんに決まったと聞いてうれしかったんですが、実年齢は僕がひとつ下で、「初めましてで家族になれるかな?」といったことをいろいろと考えました。でも、人間的な要素を隠し持っているような役に見事な説得力を注ぎ込まれていて、この家族のバランスも含め、これ以上ないキャスティングだったと思っています。


―これまで共演がなかったのが不思議なくらいですが、ようやく初共演ということで反響は大きかったのではないでしょうか。


若葉さん 今回は各所から「ついにこの2人の共演が見られる」と言われて、そんなに待望してくださっていたんだなと初めて感じました。僕の周りには池松くんのファンが多いというのもありますが、こんなにもみんなが騒いでくれるとは思っていなかったです。


池松さん そういえば(仲野)太賀も「どうなるんでしょうね!」と言っていました(笑)。


若葉くんとの兄弟は面白くなっている自信がある

池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

―完成した作品を観て、太賀さんからはどんな反応がありましたか?


若葉さん 「最高でした!」と笑っていたので、うまくいったのかなと思っています。


池松さん (松岡茉優さん演じる)花子も含めて、とても面白い兄弟になっている自信があります。


―実際、共演してみてお互いへの印象に変化はありましたか?


池松さん 初めての共演で兄弟役というのはあまりないご縁だと思っているので、ほかの共演者にはない、特別な感情を抱いています。作品にともに向き合い、折村家という物語をともに信じた“共犯者”として特別な思いがありますし、撮影期間中、素晴らしい俳優さんだなと改めて感じる日々でした。


若葉さん 以前から池松くんの作品はたくさん観ていましたし、もともと好きでしたけど、池松くんってちょっと鋭利なイメージがあったんです。なので、こんなに穏やかでチャーミングだとは思いませんでした。あとは、現場の音も人の話もよく聞いていて、すごく敏感な方です。


池松くんの名シーンには、周りを気にせず笑ってしまった

池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

―本作では松岡茉優さん、窪田正孝さん、佐藤浩市さんを含む5人のシーンが多かったと思いますが、現場の様子はいかがでしたか? 


池松さん カメラが回っているときもいないときも、そう決めたわけではなく自然とみんなが同じ場所で同じ時間を過ごしていました。そうやって過ごしていることで互いの存在を認識していくようなプロセスがありました。まるで本当の家族のような真実味を生むということは簡単なことではありませんが、「この家族で行けるところまで行こう!」という心の団結ができていたと思います。


この物語のなかで壊れていた家族がもう一度家族をやり直すように、さまざまな家族行事を一つ一つ撮影しながら家族のようなものになっていく感覚がありました。


―そのなかでも撮影中の印象的なエピソードなどがあれば、お聞かせください。


若葉さん 僕は池松くんがちっちゃいマスクをつけているシーンですね。本当にいい顔してるんですよ(笑)。


池松さん いやいや、若葉くんも同じマスクしてたでしょ!


若葉さん でも、池松くんの場合は、マスクをつけていないときの顔が透けて見えるんです。あれは本当に名シーンですね。こういうことはほとんどないんですけど、試写を観たときに「周りを気にせずにここまで笑ったのは何年振りだろう」と思ったほど笑いました。


池松さん 石井さんのうまいところですよね。ものすごいアクセルを踏んでおいて、そこから思いっきり急ハンドルで笑いに転調する。あのシーンは確か台本にはありませんでしたが、現場でやっぱり撮りたいとなって、急遽ゲラゲラ笑いながら撮影しました(笑)。


いまの時代は誰もが演じながら生きている

池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

―ぜひ、みなさんにも注目していただきたいですね。劇中に「人はみな俳優でありつねに演じている」というようなセリフがありましたが、職業柄おふたりにも普段からそういう部分はあるのではないかなと。素の自分でいられるのはどんなときですか?


若葉さん 僕は、もはや本当の自分が何なのかわからなくなっているかもしれませんね(笑)。地元の友達といるときは限りなく素に近いですけど、そんなの1年に何時間あるんだろうというくらい。素に戻っているかどうかさえわからなくなっている瞬間は、たくさんある気がしています。


池松さん 確かに、難しいところですよね。“本当の自分”と言うけれど、結局は全部自分であるとも言えますから。ただ、いまの時代は個人と大多数の社会が密接に繋がっていて、生き延びていくためにあらゆる処世術が必要です。結果誰もがアイデンティティ難民に陥ってしまうようなところがあります。


そもそも人は自分を演じ、役割を演じる生き物だと思いますが、それが過剰になっている、そうしなければ生きていけないような世の中になっていることの危機感は感じます。そういったあらゆる欺瞞と嘘にまみれてしまったものを、雷やカメラや、家族やマスクを使って、人間のありのままの姿を暴いてみるというのがこの映画の真の試みだと思っています。


撮影中もイナズマが走るようにビリビリきていた

池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

―『愛にイナズマ』というタイトルのように、ご自身の人生においてイナズマが走った出来事があれば、教えてください。


池松さん 若葉くんはもちろん、浩市さん、松岡さん、窪田さんとこの作品で出会えたこと、それぞれの奮闘と勇姿に撮影中ビリビリきていました。


若葉さん それに比べて僕はバカみたいな話になっちゃうんですけど、ラーメンがすごく好きで、本当においしいラーメンを食べると、ほっぺがビリビリするんです。


池松さん ほっぺにイナズマだね(笑)。


若葉さん 最近もほっぺにイナズマが走る瞬間を蒲田で味わいました。


好きなものに理由は付けないようにしている

池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

―また、本作を通して改めてご家族のことを考えたのではないかなと思うのですが、ご自身にとって家族の存在とは?


池松さん 今回のように疑似家族を作りあげるというのは、意識的にも無意識的にも自分の記憶や人生を持ち寄るような行為でもあるので、全然会えていない妹のことや、いつかいなくなってしまうであろう父親のことなど、考えていたと思います。


本作では、花子がすべてを信じられなくなったときに、最後の頼みの綱としてダメな家族に会いに行き、自分を肯定してもらえる場所を取り戻すという構図ですが、仮に家族でなくてもそういったことがこれからの時代も当たり前の希望としてあってほしいなと思います。


若葉さん 僕は生まれ育った場所が大衆演劇だったので、本番が始まると父親は師匠になり、兄弟はライバルになるという環境でした。なので、たまに家族で外食に行くと照れくさくて…。そういう居心地の悪さみたいなものをケンカのシーンを撮影しているときに思い出しました。


池松さん 自分の家族が好きだということに理由があるかと言われると難しいですが、そういう理屈を超えたところに本来は生きる指針があるのかなとも思います。


若葉さん 僕も好きなものに理由があるほうが少ないかもしれません。たとえば、人に対して「こういう人だから好き」と理由を付けちゃうと、「もしその人がそうではなくなってしまったら…」と考えてしまうので。


逆境だらけの主人公を見て奮い立ってほしい

池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

―では、おふたりにとって仕事のモチベーションとなっているものと言えば?


若葉さん 僕は、興味ですね。自分が興味のないことに時間をあまり割きたくないという気持ちは強いほうだと思います。


池松さん 若葉くんは興味のあることにしっかりと責任を取っているけど、それを保ち続けるというのは生きることと同じくらい難しいことですよね。僕のモチベーションは、月並みですが夢かなと思います。


―最後に、ananweb読者に向けてメッセージをお願いします。


池松さん この映画が観てくれた方への大きなエールになったらうれしいです。主人公、花子の奮闘に奮い立ち、イナズマのような映画体験をしてもらえたら幸せです。明日への逆転ファミリーラブコメディ、愛と勇気と優しさについての映画です。同時代を共に生きる、逆境だらけの誰かの人生にイナズマが届くことを願っています。


若葉さん 僕もまさに池松くんと同じような気持ちでこの映画と向き合い、作っていきました。ぜひ、そういう思いを感じていただきたいです。


インタビューを終えてみて…。

今回が初共演だったとは思えないほど、同じような空気感を漂わせていた池松さんと若葉さん。お互いをリスペクトする気持ちがあるのはもちろん、家族として過ごした濃密な時間があったからこそ、おふたりの間には居心地の良さがあるようにも感じました。次はどのような役柄で再び共演を果たすのかが楽しみなところです。


ラストに待ち受けているのは、痺れるほどの大きな愛!

池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

奪われたものを自らの手で取り返そうと立ち上がる主人公たちの姿にも、俳優陣が繰り広げる演技バトルにもイナズマが走る本作。理不尽な現実に直面し、誰もがマスクの下に本音を隠して生きてきた日々を経験したいまだから心に刺さる1本です。

写真・園山友基(池松壮亮、若葉竜也) 取材、文・志村昌美

池松壮亮 ヘアメイク・FUJIU JIMI 

若葉竜也 ヘアメイク・FUJIU JIMI スタイリスト・Toshio Takeda (MILD)

トップス(08sircus 08サーカス/08book 08ブック TEL:03-5329-0801)、パンツ(NEONSIGN ネオンサイン TEL:03-6447-0709)

ストーリー

池松壮亮「若葉竜也くんには特別な感情を抱いている」初共演の思いを語る

長年の夢だった映画監督デビュー目前で、すべてを奪われた花子(松岡茉優)。イナズマが轟く中、反撃を誓った花子は、運命的に出会った恋人の正夫(窪田正孝)とともに、10年以上音信不通だった家族のもとを訪ねる。


妻に愛想を尽かされた父・治(佐藤浩市)、口だけがうまい長男・誠一(池松壮亮)、真面目ゆえにストレスを溜め込む次男・雄二(若葉竜也)。そんなダメダメな家族が抱える“ある秘密”が明らかになった時、花子の反撃の物語は思いもよらない方向に進んでいく…。


衝撃が走る予告編はこちら!


作品情報

『愛にイナズマ』

10月27日(金)、全国公開

配給:東京テアトル



(C)2023「愛にイナズマ」製作委員会


写真・園山友基(池松壮亮、若葉竜也)

関連する記事

手塚治虫×浦沢直樹『PLUTO』がアニメ化 『鉄腕アトム』の“揺るぎないメッセージ”を引き継ぐ

手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』に、浦沢直樹が新たな命を吹き込んで誕生した漫画『PLUTO(プルートゥ)』。連載開始から約20年を経て遂にアニメ化!今よみがえる『PLUTO』。鉄...
October 26, 2023
手塚治虫×浦沢直樹『PLUTO』がアニメ化 『鉄腕アトム』の“揺るぎないメッセージ”を引き継ぐ

かわいくて実用的! 愛され続ける「ムーミンやしき」や人気キャラクターが集まった「ムーミンのステーショナリー」が新発売!

学研ステイフルから10月19日、「ムーミンやしき」や人気キャラクターたちが集合した「ムーミンのステーショナリーシリーズ」が発売されました。ムーミンパパが自分で建て...
October 26, 2023
かわいくて実用的! 愛され続ける「ムーミンやしき」や人気キャラクターが集まった「ムーミンのステーショナリー」が新発売!

セリアで前から売ってるヤツ…?ってスルーしないで!ず~っと眺めていられるシール

商品情報 商品名:シーリングシール絵画 価格:¥110(税込) 販売ショップ:セリア 人気のシーリングシールが名画バージョンになって登場! 以前から人気のセリアのシーリングシール。...
October 26, 2023
セリアで前から売ってるヤツ…?ってスルーしないで!ず~っと眺めていられるシール

セリアで探してみて♡園芸だけじゃもったいない!キレイを保てる便利グッズ

商品情報商品名:もちはこべる園芸シート 価格:¥110(税込) サイズ(約) 本体:80×60cm 組立時内寸:61×42.5×9cm 販売ショップ:セリア便利すぎると話題に♪セリアの園芸コーナーに急げ...
October 26, 2023
セリアで探してみて♡園芸だけじゃもったいない!キレイを保てる便利グッズ

まだ使えるけど…即ダイソーに乗り換え!倍払っても欲しい手帳

商品情報 商品名:ダイアリー2024 セミB6 48P シンプル 価格:¥110(税込) サイズ(約):130×177mm 販売ショップ:ダイソー 10月はじまりだけど買っちゃった!ダイソーで見つけた『ダ...
October 26, 2023
まだ使えるけど…即ダイソーに乗り換え!倍払っても欲しい手帳

多機能すぎる! フリーアドレスや出先での仕事時に大活躍のマルチケース「smouse(スマウス)」が発売

ナカバヤシから10月下旬、マウスパッド・マルチケース・スマホスタンドの3つの機能が1つになったワークサポートアイテム「smouse(スマウス)」が発売されます。■快適な作業...
October 26, 2023
多機能すぎる! フリーアドレスや出先での仕事時に大活躍のマルチケース「smouse(スマウス)」が発売

ショック……っ! 「すてきな男性フィルター」が一気に冷めた瞬間

■すてきな男性なんだけど……結婚相談所で出会った同世代の男性。座って話をしていたら、良さそうな雰囲気だったので、その後デートに行ったら、彼の髪が薄いことに気づ...
October 26, 2023
ショック……っ! 「すてきな男性フィルター」が一気に冷めた瞬間

夫と不倫相手の妻が手を組んでいました... 30代昼顔妻が経験した「壮絶な修羅場」【後編】

夫の単身赴任中、子どもを通じて知り合ったパパ友と不倫関係に至ってしまった30代の夕希さん(仮名)。「バレないだろう」とたかをくくっていたものの、現実はそう甘くなかっ...
October 26, 2023
夫と不倫相手の妻が手を組んでいました... 30代昼顔妻が経験した「壮絶な修羅場」【後編】

出会いは保護者会でした... パパ友との不倫に堕ちた「30代妻の裏切り」【前編】

夫の単身赴任中に、不倫へと足を踏み入れる女性もいるようです。子どもを通じて知り合った男性と、予想もしなかった不倫関係になってしまい、人生を狂わせてしまった経験...
October 26, 2023
出会いは保護者会でした... パパ友との不倫に堕ちた「30代妻の裏切り」【前編】

前田公輝「役によってトレーニングの内容や体の大きさは意識してコントロールしています」

今年27年目となる長い芸歴を持ち、幼少期から映画やドラマ、舞台など数多くの話題作に出演してきた前田公輝さん。11月2日にPrime Videoでいよいよ世界独占配信される映画...
October 26, 2023
前田公輝「役によってトレーニングの内容や体の大きさは意識してコントロールしています」

CATEGORY